頭皮や髪の毛表面のバリアやタンパク質が傷ついて

半分育毛業界への愚痴みたいな内容

全く根拠のない都市伝説を正しい育毛法のごとく紹介してい
同じように髪の毛が薄くなっていた頃の私

それでは、今回は、技術 大国日本の力を身に染みて感じたお話です。まじ、心温まります。「ティッシュメーカーさん、ありがとよ」今日は、昨日降った雪に関連した悲劇が起きたので報告しときます。俺のホームは地方なもんで、けっこう雪が降ります。んで、昨日もまぁまぁ降ったんだけど、毎年雪降ったら気が狂いそうになることがあるんだ。それは毎朝のように会社に通勤した時の事なんだが、俺の会社は、けっこう雪が積もるから朝出勤すると、みんなで雪かきをする習慣があるんだ。本日のピックアップポイントはそこだ。そう、雪かきだ。なんで雪かきごときでそんなにビビってんのって話だけど、勘が鋭い仲間の皆なら気付いたか巣穴から外の様子をノシマリスのようにビビってんのは、そう、雪が降っている中での雪かきだ。まるで白いメテオだ。白いメテオが美容院のともちんに教えてもらった、冷風と温風のコラボのボリュームアップ ッセットで決めた鉄壁のM字壁を、みるみる内に破壊していく。”日の朝は、その最悪の状況が現実となってしまった…俺は会社に着いた途端にストレッチを始めた。意を決したのだ。外の駐車場を見ると、メテオの残骸が積もり積もっている。まさに地獄絵図だった。そして、すでに3人の社員が戦場入りしていた。仲間を見殺しにはできない駐車場の端までの距離は、およそ二〇メートル。スコップの幅が3○センチくらいだから=約7○…:回の斬り込みが必要になる。俺のM字壁がメテオに耐えれるのは、持って3分、それ以上は直撃となる。クソッタ,筋肉がいい感じに火照った俺は、メテオが降りしきる中、意を決してヤケクソで戦場に飛び込
んだ。ザック!ぽいっザック!ぽいっザック!ぽいっザック!ぽいっハンパない勢いだ。まさに鬼武者だ。俺は全身に覇 気をまとい戦場を横断し始めた。ザック!ぽいっザック!ぽいっザック!ぽいっザック!ぽいっおい、ベジ下(笑)腰いためるぞ(笑)おっさんが言う。おしゃべりしてる暇があったら1匹でも殺りやがれ!-心の中でそう叫び、早くやったほうが寒くないんで(笑)返す俺。もう腰なんて、折れようが、砕けようが関係なかった。

細い毛まで逃さずかき集めるため

俺はただひたすら、戦場の最端を目指した。その結果、なんとか 5分くらいで俺は戦場を横断することができた。が、しかし、予想通り M字壁はボロボロに砕け、あと小学生がワンパンでもしようなら崩れ落ちる寸前だった。戦闘を終えた俺は、界王拳でトイレを目指した。「ガチャ」大便のドアを閉める。批く頭を振る。その姿は、雨でズブ濡れになった柴犬のようだった。まだ、完全には壁は壊れていなかったが、とりあえず水分を飛ばさないことには、時間の問題で全崩壊してしまう。しかし、タオルなんかでゴシゴシいったら終わりだ。そこで、とっさに目に入ったのが、テッシュペーパーだった。これだ、俺は直感で思い。テッシュペーパーを手に取った。そして、そぉ~と、そぉ~と、優しくふんわり頭に乗せた。u.-.-.そう、テッシュペーパーの柔らかい優しさが俺の頭にまとわりついた水分を吸ってくれる本来ならケツを拭く紙を頭に優しく、丁寧に当てる俺。俺は目をギュッとつむり、奥歯をぐっと噛みしめた。
何回か当てて、そっと、そっと、まるで赤ん坊を扱うくらい優しく、本来ならケツを拭く紙で頭を拭くことにより、俺のM字壁は何とか一命を取り留めた。助かったのは、なにより、このテッシュペーパーの柔らかさと優しさのおかげだった。俺はこの時、本気で思った。「ティッシュメーカーさん、ありがとよ」そして、なんとかその日はやり過ごすことができたのだった。もし、雪にやられたら是非、この俺の作戦使ってみて。まじハンパなく水分吸うから。決してゴシゴシはしないでくれよ。親愛なる同志さんどうも、べジ下ですそれでは、今回は俺が処刑台に固定されたお話です。まさに死闘でした。USAL今日は、このあいだ遊園地に行ったんで、そん時の事を報告しときます。最近俺は家族と遊園地に行きました。行ったのは俺の戦闘民族一家と、ダチの一家の2家族で行きました。ちなみに、この 2家族の中で戦闘民族なのは、俺だけだ。頼りがいあるだろ?

もう今は髪の毛は生やせる時代になりました。

んで、俺たちは朝、近所のユンビニに集合してそれぞれの車で戦場に向かった。戦場と呼ぶ理由はだいたい察知してると思うけど、まぁあとでご紹介するわ。もちろん、その日はダチのけっこうかわいい30歳の奥さんも来るから俺は意識して、知的かつ危険な香りをかもしだす大人の男性の髪型にハードワックスで仕上げて行ったんだ。もちろんズルズルにハゲてるけどね。にM字のところは、「透けない」「動かない」「浮かない」のハゲ 3箇条を忠実に守り、ハードワックスで毛先を猫じゃらしのように遊ばせて行った。朝の段階で俺は強い不安に駆り立てられていた。まぁいいだろう後で話そう。車で小一時間で遊園地に着いた。俺もダチも小学生の子供がいて、お互いプライベートでも遊ぶほどの仲の良さだ。おはよう!ト
まず、ダチの奥さんに一直線で、爽やかかつ、でもどこか危険な香りがする大人の男で秒速で挨拶する。秒速だ。他には目もくれず秒速で。そして、今日は楽しもうぜぇ少年の心をいつまでも忘れない、というか抜けきれない爽やかなイケメンを演出して子供達にアピールする。天気は絶好の行楽日和で、確か気温も30度を超えていた。朝の段階からジワジワと出てくる汗で、せっかくセットした俺の知的かつワイルドな盛り髪は速攻で崩れ始めた。

前髪に来た時

それに加え、その日は風がけっこうあった。強さはM字の部分を守っている警備員被せてる毛がかるく浮く程だった。到着2分で帰りたくなった。俺は風の貴公子なんで、通常の風くらいは、避けることができる。そして、少し髪が崩れたら、建物の窓、スマホの暗い状態の画面などあらゆる映る物を味方にして、デコにシワがいくくらい凝視して髪型を把握することもできるハゲ業界の大べテランだ。最初に言った戦場と言った理由の1発目がきた。なぁなぁお父さん!あれ乗ろそう、俺が戦場と言った理由、それはアトラクションだ。仲間のみんなはお気づきだと思うが、「アトラクション=風を切る」だ。ハゲにとっては、遊園地のアトラクションさえが処刑台同然なのだ。まず俺の小学生の息子が言ったのが、船に乗る処刑台で、デカい船がブランコのように激しくけっこうな高さまで行ったり来たりするものだ。たぶんなんとかポセイドン的な名前だったと思う。下から見るからに、そうとう風切ってる。「おまえ身長足りるのかあ?たぶん足りんやろ無理やで」乗り物には、身長制限があるから、神にもすがる思いで身長チェックの看板に息子を並ばせてみる。うん、充分すぎるほど余裕でクリアーだ。サイは投げられた。俺は処刑台へと向かった。席について安全バーが俺をロックする。完全に公開処刑体制に入った。ルルルット
処刑台が動きだした。もちろん、下からは俺の嫁やダチのかわいい奥さんも見ている。徐々に遠心力がかかり、高度が増していく。俺はありえない角度で風に挑んだ。前に行く時は風に向かって、頭を突きだして髪が浮くのを阻止した。風が俺を攻めたてる。前に行く時にM字が浮いてスーパーサイヤ人になりかけのベジータのようになる。下からは見えているかは分からない。安全バーでガッチリ固められている以上、見えてないことにかけるしかない楽しいはずのアトラクションなのに、俺は自分の情けなさにグッと奥歯を噛みしめた。処刑台が止まった。俺は光並みのスピードでササッサササッM字部分の髪を優しく指先で抑えた。それで、「ちょ、トイレ行ってくるわ。やべっ、漏れそう。笑」あくまで爽やかなイケメンを演出して界王拳でトイレにぶっこんだ。1発目からフラフラだ。俺はトイレにぶっこむなり、その場にいたヤツにきさま等道を開けろ!と心の中で叫び、シマリスのような低姿勢で鏡をチェックした。

私の元へ送られてご相談.がかなり増えてきています。
ちゃんと黒い産毛があるって

植物 性油脂 分

髪の毛はタンパク質です。おもいっきり崩れていた。情けなさを噛みしめながら、指先で摘まんでは抑えて優しく髪型を整えた。その後も何個か処刑台に乗った。そして、夕方になり、もうそろそろ帰ろうかなという時、俺が朝から一番恐れていた処刑台に乗る事になったのだ。ハゲにとって最強の処刑台。そう、ジェットハゲースターだ。ャツは時速 100キロ近い速さで風を切り、衝撃もその辺の処刑台とは別格だ。まさにハゲのキラーマシーンだ。もちろん、初めは、「3’いけん やろ っ.絶対怖 いぞ?笑」と神にすがってみたが、身長は難なくクリアー、それに楽しんでいる息子を見たら、ここはサ
イヤ人の父として行かなければならない気がして俺は腹をくくった。カンツ、カンッ、カンッ、処刑台に向かう鉄の階段の音がやけに頭皮にみる。当然、今回のジェットハゲコースターはこれまでに乗ったハゲトラクションとはレベルが違う。無傷で済む可能性は天文学的数字だと思う。そして、順番が来た。まさかの俺は息子と共に処刑台の最前列にポジった。ガッチリと安全バーで固定される。最前列でガッチリ固定されるその姿は、まさに悪行を繰り返した末に処刑されようとしているサイヤ人の王にふさわしい様だった。絶望へのカウントダウンが始まった。王を乗せた処刑台が動きだした。ガタンッ、ガタンッ、ガタンッ、王を乗せた処刑台が審判の丘を目指す。ガタンッ!王を載せた処刑台が審判の丘に着いた。俺は戦闘態勢に入った。これを乗り越えたら、全てが終わる。俺は己の全ての力を出すことにした。そして横に座る不安そうな息子に、「おい、ビビるな。大丈夫や」と王の安心感を与え、処刑台が絶望のレクイエムを開始した。圧倒的な風圧とスピードだ!クソッタ気合いを入れた俺は、すぐさま上半身をレールと平行にして頭のてっぺんを進行方向に突き出豪風でオールバックになればクセが付いて終わるころには、ベジータ全開になってしまうから、決して髪の流れには逆らわないように髪を風で抑えつける作戦だ。先頭の座席でバーをグッと握り、低姿勢で上半身をレールと並行にして頭を突きだすその姿は、
プロのバイクレーサーのようだった。1300 CCの大型のモンスターマシン、スズキHUSAを自在に操り、かかんにサーキットを攻めるプロのライダーのようだった。これでいける!俺は確信した。が、その時だった。ゴオオオオオオ!…ガンッ!

急激に増加し深くなっていきます。

ガタンツ処刑台が一回転するポイントに差しかかった時あまりの衝撃に俺のプロバイカーの姿勢が起き上がってしまった。上体が起きると同時に豪風が俺のM字に攻めたてる。一瞬の出来事だった。全ての俺のM字被せ髪が吹き飛ばされた。その瞬間、俺の頭の中でカーペンターズが流れた。そして俺は、100%中の100%の伝説のスーパーサイヤ人になって、スタート時点に戻ってきた。息子はビビっていたが無事で、楽しかったと喜んでいた。よかった。階段の下にはダチのかわいい奥さんが待機している。こんな化物 クラスのM字ハゲを目の当たりにして冷静でいられるわけがない。俺は、今日1でがむしゃらに ワックスと豪風でクセがついたベジータ様を押さえつけて、階段の下に着いた瞬間速攻でトイレにぶっこんだ。たぶんこの日だけで10回近くトイレに行ったと思う。そして、夕方になって帰ることにした。まあ、一日ストレスハンパなかったけど、子供が喜んだし「良し」とした1日だった。
第一へアスタイルを気にする必要性ヘアスタイルを気にする理由、1番の理由は第一印象です.-.髪は、見た目に大きく影響を与えます。ですので、第一印象に影響を与えるのです。さて、そんな第一印象ですが、どういった意味があるのでしょう?人と出会ったとき、第一印象でその人のイメージがほぼ決まってしまうようなところがありますよね。そんな大切な第一印象ですが、ル第一印象で気にするところの 1位は髪,という調査結果もあるそうです。ちなみに、第一印象は6秒で決まるとゆわれています。