薄毛の人を見て思ってい

ニキビの炎症によって毛細血管が傷つい

そう、それは俺がまだ小四の頃の話で、俺はいつも仲の良い二人のダチと学校でも、帰ってからも遊んでいた。二人の名前は、「まさお」と、「たかふみ」だ。まさおは、よくいる調子者 タイプで、よくふざけては俺らを笑わしてくれていた。俺もどちらかというと、調 子者でよく調子にのっては痛い目を見るタイプだった。んで、たかふみは、おとなしいタイプで俺らの後をついて回るタイプだった。それで、俺たち3人は学校が終わって、たまに行く本屋があった。本屋といっても、ほんとに商店街なんかにある小さな本屋で、店の外に週刊誌なんかが並べてある本屋だ。そして、ある日そこで事件が起こった。俺たちは、その本屋へジャンプとかを3人仲良く並んで立ち読みしによく行ってたんだけど、当時 小四ということもあり、若干、男に目覚めかけている年頃だった。そのこともあり、ジャンプを立ち読みするついでに、もう一つ毎回する儀式があった。
それは、そうサンデーとかマガジンの方のご拝見だ。なにかというと、お気づきの仲間もいるかもしれないけど、目的は、もちろんグラビアだ。「おおおお!これみてみーや!」でっか!でっか!今ではもちろん何とも思わないけど、当時 小四の俺らにとっては水着のお姉さんなんて、はぐれメタル並みの存在だった。「お前たっとんちゃうん w」たってへんわい!よくあるクソガキの風景だった。そんなある日、まさおが欲望のリミットを外しやがった。それは、いつものようにジャンプ からのサンデー、マガジンの流れ作業を行っている時、いっもの製造ラインに飽きたのか、まさおが違う雑誌を手に取ったんだ。分かっていて取ったのか、まぐれなのかは未だに分からないけど、まさおが手にした雑誌というのは、そう、フライデーだ。そして、まさおはパンドラの箱を開けやがったんだおもむろにまさおが開いたページに映し出されたのは、全裸のお姉さんがM字開脚をしてこっちを見てやがる写真だった。一瞬、俺たちの世界が固まった。何かとてつもない悪い事をしている気がした。無理もない。自分のおかんの裸しか見た事のないクソガキの目に映し出されたのはグラビアのお姉さんの裸だ。しかもM字開脚ときやがった。次の瞬間フライデーを持つ、まさおが震えた。

という発想でこのブログが始まったわけです

うっ、うわあぁそこにいつもの調子者のまさおはいなかった。あまりの衝撃的な光景にまさおがバグリやがっまさおは、まるでフリーザを見たクリリンのように怯えていた。そして次の瞬間、手に持っていたフライデーを俺に押し付けてきやがった。
拒否る俺。nSおおおおおー·強引に押しつけてくるまさお。そして、もみ合いの末、フライデーがお姉さん M字ページのまま地面に落ちた。3-形れお拾えって!焦る俺。まさおはというと、なんと自分のマウンテンバイクにまたがり出発体制に入ろうとしている。「おい!まさお!待てや!本拾えって!」地面から悩ましい目でこっちを見つめるお姉さん。まさお!待てや!カチャ!スタンドを起こし、まさおは俺の静止を振り切り出発した。まさお!そして俺とたかふみもM字のお姉さんを地面に残したまま、まさおを追うように本屋さんを後にした。その後、あのお姉さんはどうなったのか分からない。たぶん、通りがかりの紳士に助けられと思う。それ以来、そこの本屋に立ち読みには行かなくなった。思い出せば笑い話だけど、あの時はほんと衝撃 的だったわ。今でもそのページは薄ら覚えてるからね。でもあん時のまさおにはホントまいったわ。

 

発毛した状態を維持していくため

その本屋は今は閉めちまってなくなっちゃったけど、本屋のおっちゃんにはマジ悪いことした本屋のおっちゃんごめんなさい。M字を粗末にしたからM字 ハゲになったのかもしんないな。親愛なる同志さんどうも、ベべジ下です。それでは、今回は毎年の恒例行事.ダチとバーベキューした時のお話ですハーゲキュウ
BBQの時の風の読み方をアドバイスしときます。BBQは外でやるからハゲには厳しいイベントになります。ましてや、大きな広場なら風を無視することはできない。キャップ被ってもいいが、ダチとかにノリで「おっ、ちょ、それ俺にもかぶらさせてっ」とか言われるのは目に見えている。万が一それでキャップとってしまったら、かるく外の陽気で汗ばんで、ペチャ~となったライブ後のもずく酢があらわになることになる。そうなれば勿論BBQどころではなく、雲1つ無い晴天の下、大きな広場の中で一瞬にして解き放たれた俺のもずく酢の中ではカーペンターズが流れるであろう。まぁこういう場面に出くわした場合は、とにかく携帯だ。キャップ貸してとか、ピンチになったら、かかりもしてねー携帯が入ったポッケを、あっ!ちょまってというふうに焦った感じで触って、ちょ、わりい山ビーって感じで、その場を離れ、何か話しているフリをしながら、その、キャップを貸してと調子こきやがったダチが他の事に興味を持ち始めるのを、まるで獲物をイカクする百獣のハゲのような目で全力で追う。そしてそのダチが別の獲物に興味をもった瞬間に場に戻る。俺はこの手法で大概の修羅場は乗り越えてきている。あっ、風の対処法だけど、簡単だ。BBQの煙の行く上にポジをとることだ。向かい風の所にポジってしまえばその日1日はトイレに百回程は警備員達ハゲの部分を隠している毛達の配置を確認しに行かないとだめなハメになる。これではせっかくのBBQも台無しだ。そこで、追い風の位置にポジる事によってその日日は雨でも降らない限り、かるいフットワークで風をかわすだけで済むだろう。だから外でのイベントの時は絶対に追い風のポジションをプライドをかけて掴み採り、ストレスの少ないイベントを楽しんでくれ。ハゲてたら何かと、本気で楽しむことができないよね。
バーくサガーヤんなら、 豪快に汗かいて、タオル でおもい つきさり髪かき上げてみたいよね。
親愛なる同志さん、どうもベジ下です。それでは、今日は俺のジョギングの経過を報告したお話です「爆走経過」YO!俺はフサフサ生まれズルズル育ち、ハゲてるヤツは大体友達 !
多くの方は髪が薄いのにもかかわらず腕や足の毛

べき薄毛の人は髪を伸ばして

ハゲてるヤツと大体同じMの剃り隠し見てきたこの街!今日はこの前から始めたジョギングの途中経過を報告しときます。ジョギング始めてから今で大体一〇日ほど経ったんだが、藤岡弘級に剛毛になったとか、まだこれと言ってハゲしく実感できる変化はきてないわ。少し変化があった事は、気のせいかもしれないけど髪の抜ける本数が減った事と目力が出てきた気がする。俺はこれまで、ユーホーキャッチャーのように手のひらを広げ、「ザクッ」と髪に手を突っ込んで軽く握って引き上げてみると、だいたい三、四本は必ずヒットしていた。しかし、ジョグを始めて最近は一本もしくは○本という感じでヒット率が極めて下がったような気がする。あと目力だけど、風呂上がりにいつものようにオールバックヘッドで豪快なベジータ様を鏡でチェックする時に戦闘力が上がったのか、目に力が感じられ、いっそうたくましく誇り高き戦闘民族の目付きになったような気がする。言ってみればあれだ。ホストが客を落とす時に使う一度目をグッと見開いて野獣のように見つめるあれ。俺も隣のばあちゃんに試してみたいと思う。一応、始めた日から1日も休むことなく続けている。出発の時間はいつも夜の八時から九時の間で、暗くなってから。いつも走るコースは、街灯の少ない暗い道で、気を消して、成人式の気合いの入ったヤンキーでも膝から崩れ落ちるような鬼剃りをチラッ、チラッとちらつかせ、さっそうと走っている。途中どうしても通らなければならない地獄の関門普通のファミマがある。どうしてそこが関門なのかと言うと、まず明るいのと、そして暇そうな若者がよくタムロしているからだ。ほんと四、五人でしょっちゅうたまってやがり、マジ迷惑なヤツらだぜ。

さらに血管を拡張し血液までも増血させます。

関門が近づいてくると、遠目にそいつらがいる、いないは確認する事はできる。居ても通らなければ星に帰れないから俺は少し手前で、そいつらがいるのを確認すると、大声ザコども!いいだろう!見せてやろう「超エリートサイヤ人の圧倒的力の差をなぁ!!」
と、心の中で叫び、目にゴミが入ったフリをして、手で目をかきならが、絶対にそいつらは見ないように少しうつむき加減で、足早に通過している。クソッそして家に到着して、鏡で赤くほてったゆで卵にもずく酢をぶちまけた自身を見て失笑する。でも、ほんとジョギングはオススメです。体に良い事は間違いないし、これはやってみると分かるけど、なんか自信がつく。メンタルを鍛えるためにもジョギングは有効だと思う。体も健康になって、メンタルも鍛えられる。これで髪生えてきたら文句ないんだけどねぇ。編されたと思って是非、仲間のみんなもやってみて。新しい自分を発見できるかもしれないぜ!親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは、今回は美容院での最高イベント、シャンプーについてのお話です「公開処刑」,日は朝から散髪行ってきたから報告しときます俺はだいたい 1カ月から1か月半周期で散発に行く。今日も前回から大体 1カ月半たってそろそろウグイスボールになってきたから行ってきた。俺は髪が伸びてくると、てっぺんの毛は細くペタっとなるんでサイドばかりが膨らんでき、まるでウグイスボールのような髪型になってきます。ウグイスボール分かんない仲間は是非、像ググってくれ。もちろん鬼剃りのきいたウグイスボールだ。ハゲにとって散髪は一大イベンツとなります。特に世間にハゲを隠して生きている俺は、聖域(普段は髪で隠しているM字ハゲの部分)を露わにすることを覚悟の上で行くから知り合いが行っていないだろうか?客の入り状況はどんな感じだ客に若い女の子はいるか!?
俺の座る席は外から死角になるのか!?S霊ヘ口は 。クソっタレーなど、いちいちビビって行くほど一大イベンツになる。俺はこうみえてもアトリエと名の付く一流の美容室に行きつけている。今日は土曜の午前だ。店の前に到着する。いいだろう!!:見せてやろう!超エリートサイヤ人の圧倒的ソリ込みをな意を決して店のドアをぶち破る。一瞬で店の中の状況を確認する。幸い知り合いはいなかった。今日も担当のともちんにいつものようにクールに髪型の注文を出すカット中に「ここの長さどうしますかー?」とか聞かれる。俺は、てきとーにいっちゃっていお任するよとあくまでクールで、器のデカイ小さい事は全く気にしない、気持ちに余裕があり、のある大人の男を演出する。内心は西野カナ張りに震えている。俺はあまり髪型なんぞ気にしない豪快な男を演出しているからカット中に鏡は見ない。

による薄毛予防ポイント

手元のカジカジをうつむきかげんでクールに読みながら、たまに変態みたいな上目の流し眼で正面の鏡でカット具合を確認する。うつむきかげんで、目だけデコにシワができるくらい上目にして鏡を見つめるズルズルの M字。く5。まさに妖怪だともちんは俺のMハゲには気づいてくれているのか、いつも俺が言わなくてもちゃんとM字の部分は長めにおいて隠してくれる。本当にかわいいやつだ。カットが無事に終わり、いよいよ散髪においての最大の儀式、そうシャンプーだ。仲間のみんななら分かるだろうけどハゲにとって水分は最大の敵だ。ナメクジに塩をかけるくらい残酷な事だ今日は因りによって3つイスがある内の真ん中イスに座らされた。絶望的なことに両サイドは若い美容師たちがシャンプーをしている。完全に挟み打ちだ。おイス倒しますよ~^あー!いーだろう!!見せてやろうこの俺様の圧倒的ハゲ具合をなぁ
もうふっきれた。プシャ始まった。シャワーが俺の新の姿を映し出す、まるでラーの鏡だ。俺は冷静に日をつむり全てをともちんに委ねる。シャンプーが始まりサイドからともちんの手がゴシゴシしていく。サイドから徐々にゴシゴシと進んで行き、てっぺん、前髪に移っていく。「つおいつおい!!もっと優しく!!」何度も心で叫ぶ俺。シャンプーの時は生え際に沿ってゴシゴシしていくんだけど、前髪に来た時、明らかにともちんの指先がMの字を描いた。上から鼻の方に降りてきて再び上に登って、もう一回下に降りたのだ。ともちんは俺のMロードを歩んだのだ。かわいいやつだ。シャンプーが終わった。ウィ~ンイスが起こされる。