育毛剤では発毛しません。

本当に薄毛はモテないのか。

シャンプーが終わり髪がビショビショに濡れた俺様が正面の鏡に映し出さ一瞬店 内にドラゴンボールの戦闘のBGMが流れる。豪快だ俺、豪快だ!まるでマクドナルドの宣伝をしているかのような豪快なMだ。マッサージのため、しばらくバレーボールにもずく酢をぶちまけたような状態で静かに待つ。そして数分後、マッサージが終わり髪を乾かしてもらい儀式が終わる。お疲れ様でしたハと笑顔でおしぼりを渡してくれるともちん。かわいいやつだ。帰り道の達成感はハンパなかった。勇者になった気分で家に帰った。さあ今日もジョギングをしよう。美容 院でのシャンプーってほんとストレスだよね。まさに公開処刑だよね。親愛なる同志さんどうも、べジ下です。それでは、今回はハゲの王が海水浴に行った時の記事ですまじヤバかったです真夏のビッグイベントNO Hそう、ハゲにとって海はストレスの他なんでもない。サーファー?あ?なんだそれ?都市伝説だろ?…
海先日、小学生の子供のツレ家族と海に行くことになりました。メンバーは俺の家族と、あと 2家族の計3家族で。俺は決まった瞬間まず、海=水=髪=もずく=終わったというハゲ方程式が強烈に脳裏を横切った。まぁ子供のためにも家族で1回 2回は海水浴に行ってやらねーとダメだなとは思っていたんだけど、今回はよりによって団体で海に行くことになった。しかも一緒に行く家族の嫁さんはカワイイときた。もちろん普段俺は、その嫁さんと出会うことはあるがハゲてることは髪型でカバーしているんでバレていない。そして運命の日が訪れた。一生一大の大勝負だ。

抜け毛の原因は様 々です。

朝 7時に集合場所に集まって、みんな、おはよう!!俺は爽やかに、今日のこの海に行く日を心から待ちわびていたかのように、そして山ピーのようにクールに挨拶した。心の中は3秒で帰りたい感でいっぱいだった。子供たちに、「今日は思いっきり楽しもうな!」とイケメンぶる俺、内心ヤケクソだ。車で1時間ほど走って海水浴場に着く。「フゥオォオオオオオ!!」海を見た瞬間、取り乱す俺。他のみんなには嬉しくてテンションが上がっているようにしか見えていなかったはずだ。海水浴場の駐車場に着くと、俺はツレの奥さんに、俺のホームグランド真夏の太陽=俺がいなきや始まらないという、印象を強引に与えるために、荒手の詐欺師並みにシートや、バーベキュウの機材を全力でせっせと運ぶ。「さっ!お前たち泳ぎに行こうぜ!」超爽やかに子供達をさそう俺。もちろん、子供のツレのママにイケメン感を見せるためだ。
俺は決めていた。今日は何が何でも髪を守り抜くと。海に入る前に髪達にささやく「心配するな、俺が守ってやる」そして海に入人る。そぉーっとそぉーっと。はしゃぐ子供達。バシャバシャ水しぶきをあげ、バタ足をしたり水をかけ合って遊ぶ子供達。「おい、あんまり深いとこ行くなよ!」しっかり監視して注意する俺、もちろん水しぶきにも細心の注意を払っている。一人の子供が俺に足を向けてバタ足体制に入った!u6A-奇声を上げる俺。どうしたん?ビックリして聞く子供。あっなんでもないよ-ルに返す俺。ギリギリ回避だ。絶対髪を濡らすことは許されない。何がなんでも回避だ。まわりを見渡すと、おっさんでさえ髪を濡 らしてかきあげながらエンジョイしている。俺ときエンジョイどころか、ちょこんと薄い頭を水面から出して、絶対に濡らさないように気にして、M字 ハゲの部分を撫でて撫でて挙句の果てには水面を気合いで鏡がわりにしてハゲをチェックしだした俺。水面でデコにシワができるくらい目を開いてハッキリは映らないので、フォルムだけチェックする。当然フォルムはMハゲの部分は凹んで見えるからサザエさんのようなフォルムだ。クソっタレーしばらく子供達と水しぶきを避わしながら遊んで、海からあがる時に、シートへ戻った時に爽やかさをアピールするため、俺は事前に計算しておいた安全箇所まで髪をビチョビチョに濡らして戻った。安全箇所とは濡らしてもハゲに影響ない部分で耳の上、そして後頭部の辺りだ。

 

髪が伸びてくると真ん中だけペッタリとして

俺はこのポイントを確実に正確に見極めるため、生え際から指 4本分というふうに完全に予習をして行った。このおかげで、迷うことなく安全箇所を手の平に水を付けてピチャ!ピチャ!と、まるで妖怪のような行動をしてビチョビチョにすることができた。
パッと見は、こよなく海を愛し、水しぶきを子供達と掛け合い世リ p たりたイケメンのように見えるほど、不自然な部分だけ髪がビチョビチヨだ。俺はシートに不自然に濡れたスカスカの髪から水滴をわざと落としながらアチ~~と心にもない事をほざきながら戻った。そして携帯チェックするフリをして携帯の暗い画面で、画面が割れるくらい目をかっぴらいて髪型をチェックする。おそらく汗もかなりかいていたので、この時点で俺の髪型は悲惨な状況になっていたと思う。ほんと、バレーボールに天然のワカメをピシャン!と投げつけたような状態になっていたと思俺は自己嫌悪の最高潮に達していた。俺は髪が気になって気になって仕方なかったが、もう少しの辛抱だ、耐えろ·に言い聞かせ、もうヤケクソに近いテンションでその日一日を過ごした。夕方になり、もう帰ろうとなった時、みんなは少し疲れていたが、俺は違った。みんなが疲れて後片付けをしているなか俺は、「6n9おおおおおおおおお !ーー」この地獄から解放されると思うと、今日1の盛り上がりで誰よりもテキパキと後片付けをた。恐らく、凄く爽やかで、イケメンで、頼りがいのある大人の男に見えていたに違いない。そして帰路につき、真夏のビッグイベントは無事に終わった。
体中の毛細血管に樹脂を入れて

家事も育児も手伝ってくれて

海、プール、温泉、風、レジャーは普通は楽しい事なんだろうけど、ハゲにとってはストレスの以外のなにものでもないんだよね。
親愛なる同志さんどうも、ハゲです。それでは、今日はハゲても他でカバーしようという前向きなお話です。マイナス面は、突き抜けたプラス面で補うことができますクリリンとナッパ今回は、タイトルの通り、クリリンとナッパについて話そうと思います。仲間のみんな知ってると思うけど、クリリンとナッパだけど、そう、どちらもパチンコ玉です。その2発の、あっごめん、2人のパチンコ玉の違いだけどなんだか分かる?そう2発の違いは「体格」です。2発ともパチンコ玉なんだけど、体格が明らかに違うよね。クリリンはどっちかと言うと「草食系」、ナッパの野郎は「肉食系」で、同じパチンコ玉でも、体格が違うだけでイメージが変わってくる。もし、ギャル達にどっちを打つ?あっ、どっちと付き合う?って聞くと、俺の思うにはクリリンは可愛い 系に該当するから友達で終わると思う。今は草食系男子とかいうけどクリリンがモテる場合もあるかもしれないけど。しかし、ナッパの野郎はパチンコ玉でもガタイが良いから、パチンコ玉をカバーして、「守ってくれるパチンコ玉」

無理して薄いのを隠そうとする

に見えると思うんだ。だから、この勝負はナッパ の野郎に軍配があがると思う。なにが言いたいかと言いますと、ハゲていても、「他でカバーすることはできる」という事です、ハゲてきたら、どうしても気分が乗らないし、風気になるから運動は控えてしまうし、髪型気にして活発さもなくなるし、負の連鎖になるんだよね。公にしなくても、夜暗くなってから気を消してジョギングとか、家で筋トレにハゲむとかすれば、髪に良い&筋肉も付くし、メンタルも上がるといったメリットが沢山あるんだよようするにハゲても諦めず違うポイントで世のイケメン野郎に対抗していけばいいと俺は思う。なんでもいガタイを鍛えて EXILE を目指すか、
ファッションでもいいし、音楽でもいいし金稼ぎまくって金持ちになるのでもいい。諦めて、ネガティブになってハゲの連鎖になってしまうのが一番ダメだと思う。とは言ってもやっぱハゲはツライ。でも、なんかこれだけは、「ぜってーいきがってるクソイケメン野郎どもには負けねー!!」ってのを見つけて、自信をつけていったらいいと俺は思う。あっ、間違っても髪では勝負しないでね。俺には何も無いって言う仲間は、まず、賑されたと思ってかるくジョギキング行ってみて。気分がマジ変わるから。そしたら、なんか見つけることできるわ。
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは今回は、俺の中学校の時の先輩に久しぶりに再会した時のお話ですこの出会いは衝撃でした。なんと、俺の憧れだったウルフカットのイケメン先輩は一では、どうぞ。エースストライカーY沢今日はローソンでY沢パイセンに出会ったから報告しときます。

発毛のメリットをとるべき

まぁローソンで知り合いに出会う事なんて珍しくないから別に報告しなくてもと思うかも知れしかし今日のY沢パイセンとの出会いはとても衝撃だったんで報告しときます。Y沢パイセンというのは、中学の時の1つ上の先輩でサッカー部の先輩だったんだ。Y沢パイセンはサッカー部でもフォワードのエースストライカーで、性格も作で部員達からも人気があった。もちろん女子にも。俺もY沢パイセンはサッカーうまいし、髪型も当時流行りだった襟足長めのウルフっぽくして、ちょい不良っぽいオーラを出して、おもしろかったんで憧れの先輩でもあった。その先輩に今日ローソンで出会ったんだけど、まじで衝撃だった。俺は何気なく、いつも立ち寄るローソンでコーヒーでも買おうとしていた。すると俺の横から、おー-く下やんと、知らないおっさんに話かけられたんだ。そして俺はコンマ3秒で、あ?なんだキサマは?たやすく俺様の名前を呼ぶんじゃねーと、心の中で叫び、と丁寧に答えた。すると、そのおっさんは、俺や俺。Y沢や俺は即座に思い出した。あっ!Y沢先輩!正直最初は全然分からなかった。なぜなら、さっき誰だこのおっさんは?と言ったようにY沢パイセンは、俺達の業界のエースストライカーになっていたからだ。どういう事かと説明すると、そう、
ズルッパゲていたのだ。あの、フォワードで女子にも人気のあったウルフのY沢パイセンが、ウルフの「ウ」の字も無くなり、ズルフになっていたのだ。ハゲのタイプは俺のM字とは異なり、豪快な落ち武者型だった。例えてみればあれだ。マンホールから地上に出上ようとしてフタを開けて頭を出した瞬間、LOヤにスカッっといかれたような感じだった。でもツルツルではなく、ピンポン玉(頭皮)に霧細く弱った毛がかかった感じだった。俺はズルフのタイヤ痕を直視する事ができなかった。全力で目だけを見るようにして少し立ち話をした。しかし、これだけ豪快にタイヤ痕を付け霧がかっておきながら、Y沢先輩は俺に対して真っ直ぐだった。己のハゲにまだ気づいていないのかもしれない。テンションは中学のサッカーしてた時と変わらず、喜作だった。俺はこれだと思った。ハゲてても隠さず(あれだけハゲてたら隠しようがないが)に前向きいくことにより、ハゲをカバーできる。そう思ってズルフに少し勇気をいただいた。車に乗ってから俺の腹筋が限界を迎えた。でもやっぱハゲ仲間ってのは落ち自分のハゲがカモフラージュされると言うか、俺は一人じゃないと心が安心できる。一応、番号交換したから機会があれば、また飲みにでも行ってみるわ。まっこんな感じでちょっと衝撃のローソン報告でした。
親愛なる同志さん。どうも、ベジ下です。それでは今回は、俺の中学時代の先輩である、Y沢先輩と飲みに行った時のお話です。今でもちょくちょく連絡とっている頼りがいのあるハゲです。