気になる抜け毛についてもお話します

しかもこの新生毛は抜けやすいので注意が必要です。

これが発毛に効果があるのです。
有酸素運動は全身の代謝を上げて血行が良くなるらしい、そして頭皮の毛細血管が元気になり、髪に栄養が行き渡り、太く、丈夫に、サクセスするらしい。時間は二〇分から三〇分ほどで、軽く汗ばむくらいが理想らしく、やりすぎは逆効果らしい。俺はこれにかけてみる事にした。実は昨日試しに、ひとっ走り行ってきてみた。想像を絶する程のつらさだった。戦闘民族の俺一様がこんなヘボかったとは夢にも思わなかった。人目につかないように気を消して、さつそうとジョギングを終え家に帰って鏡をチェックしてみると、そこには、
かるく赤くほてったゆで子に、もずく酢をぶちまけた俺がいた。失笑した。とりあえずこのままもう少し続けてみようと思う。ジョギングは、まじでハゲに良いらしいよ。顔のたるみや肌の乾燥なんかも改善できるみたいで、老け顔なんかにも効果があるらしいわ。
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。今回は、ハゲにしか分からないストレス「風」についてのお話です。それでは、どうぞ。今日はハゲにとって最大の敵である「風」について語ろうと思います風と言えば普通は気持ちいいとか爽やかとかいう印象があるけど、ハゲを髪でバッチリ隠している俺にすりゃマジでいらねー存在だ。ハゲを全面公開している仲間は特に気にもならないかもしれないが、俺はM字ハゲの部分に、上の方の毛を強引にかき集めて隠している。そのため、少し風が吹こうものなら、かぶせている髪がブワッと浮かびあがって、哀れな姿をさらすことになる。しかし俺は極めている。ここまでのスキルを得るまでにはかなり苦労したけど、風の強い日はまるで、かざみどりのような軽快なフットワークで風をかわすことができる。風が吹くと一瞬で風向き、風速、アドリブを計算してある程度は高速で対処ができる。例えば、友達と歩いていて前から強めに風の野郎が来たときは、まず、耐える。耐えるというのは、全神経をM字 ハゲを隠している頭てっべんの毛の毛根に集中させる。そして、その毛が風で動く寸前まで耐えるのだ。流れ的には、風が来た→緊急ハゲ速報発動→ ハゲ隠し毛に全神経を集中させる→まくれあがる寸前で対処ということになる。そして、風が強すぎてハゲを隠している髪が浮きそうになったら、アドリブで目にゴミが入った!とか言って、一気に頭を下げて髪が浮かないように風の向きに流れをあわせる。何もしないでそのまま歩いていたら、髪がブワッとまくれあがり、横を歩いている友達がまくれ上がった俺の方を見てしまうと、さつきまで友達(俺)

頭皮が硬いと薄毛になりやすい
と歩いていたハズなのにベッ、ベジータッと、震えあがらすことなる。気まずさと絶望感でいっぱいになるだろう。前から風が来たときはこの対処法が無難で、目にゴミが入った振りをして下を向けば、だいたいは回避するとこができる。次に横風が来た場合だけど、これもやはり始めは耐えるとこから始まる。そして回避の方法は、風が来た。
敗V-V-·浮く-浮いたぁあ、ああ対処法は、この浮いた瞬間に、「あの車カッケーよなぁー」とか、どうでもいい事を言いつつ、風に対して流れが合う方向を無理やり向く。そして車を目で追いながら横向きに歩くか、そのまま横を向いて風に流れを合わした状態で風がおさまるのを待つ。後ろから風が吹いてきた時は何が何でも後ろを振り向かないようにする。これで大体の風は回避はできるが、もし対処が遅れてしまってダメージハゲ隠し髪が動いてしまったを受けた場合は、すぐに処置が必要になるので、とにかくその辺の鏡になりそうなものを探す。もしトイレが近くにあれば、うっわ、腹いて~とか言って鏡を見に入る。俺は、風の強い日に外に遊びに行った時は、風の野郎のせいで半日でトイレに 5、トイレが無い場合は何でもいい。止めてある車のガラスでもいい。「うわ~この車ほしいんやって~」とか、車種もメーカーさえも分からない何の興味もない車に適当に少し近づいて、デコにシワがよるほど目をこらして車のガラスに映る自分を確認する。そして、ハゲを隠している髪のズレを確認して、頭をかくかのようなさり気ない動きでササっと髪型を治す。周りにホントに何もない場合は携帯の暗くなっている画面でおっ、ちょ待ってとか言いながら、LINEをチェックする振りをして、この時もデコがシワシワになるくらい目を見開いて暗い画面に映る自身のハゲをチェックするのもなかなかの通だ。上級者である俺は、水たまりでフォルムを確認することも可能だ。俺はこれらのやり方でどんなピンチも乗り越えてきている。

酸素は生命活動の発火材です。

風はホント正面から戦っても勝算は極めて低いから、いかに風の動きを素早く読み、アドリブを効かせて、さり気なく回避するのが最大のポイントになってくる。一人じゃねー。風ごときで悩んでいるヤツは俺も含め大勢いる。是非この俺の回避法を使って、できるだけストレスフリーなハゲライフを送っていただければ
と思います。風はマジ多くのハゲ仲間が共感できる、ストレスだと思うわ。
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。それでは、今回はこのプライド高き戦闘民族の俺が完全に敗北したお話ですャツの戦闘力は俺のスカウターがぶっ壊れました。その日は、おばあちゃんの法事があったんだけど、この誇り高き俺様が完全に敗北した事件があったんで仲間のみんなに報告しておきます。法事といえば沢山の親戚が集まりますよね。実は、俺、その親戚の中の四二歳の兄ちゃんに完全敗北しちまったんだ…あれほど圧倒的な力の差を感じたのは初めてたった。普通四二歳と言えば髪も少し薄くなってきて、顔もシワなんか出てきちゃって、腹も少し出てくる頃だと思う。俺は今三〇歳、親戚の兄ちゃん 四二歳。並ぶと同級生みたいだった。クッ、クソそう、四二歳の兄ちゃんは髪サラサラのフサフサで例えるならキムタクの様な髪型だった。スタイルもスラッとしてて、スーツ姿にホスト感が漂っていて、どうみても俺の方が圧倒的に老けていたのだ。俺はM字ハゲだけど、その日は親戚が集まるということで、ワックスで毛先を遊ばせてみたが、その親戚の兄ちゃんと比べると、どう見ても、おっさんのメデューサにしか見えなかった。俺は、親戚の中では若い方だから若いオーラを見せつけてやろうと、少しチャラい感じで行ったのだが、その兄ちゃんと並んだ瞬間、物凄い今まで味わったことのない自己嫌悪に陥った。風を恐れ、ケータイの暗くなった画面を無理矢理に鏡にして髪型を常にチェックする。なにしてんだ俺…「俺は、親戚の兄ちゃんの力の差を目の当たりにしてチャラいどころか顔が引き つっていた。そんな俺を、お坊さんの頭だけがハゲましてくれた。飯の時、俺の親父と、その兄ちゃんがある話を始めた。実はここからの話が、この話のメインディッシュになるので仲間のみんな!よく聞いてく
二人が始めたのは薄 毛についての話だった。話の始まりは、久しぶりに会ったせいか薄なったな」

姿勢に注意☆ 髪のおしゃれは程々に☆ 頭皮は清潔好きと兄ちゃんがお父に言ったようだった。俺は、次は俺にフォーカスすんじゃねーだろうな!?と思うと、冷汗が脇から龍が如く出た。俺のお父は俺と違い髪は多いほうで完全にはハゲておらず、後頭部が少し地肌が透けてハゲかけている状態だ。お父は「どうしたらお前みたいにフサフサになるんや?」と冗談半分で聞き返した。すると兄ちゃんが、「俺も二年前は、おっちゃんくらい後頭部薄かったんやで」と耳を疑うようなことを口にした。今なんつった!?俺は心の中で叫んだ。ありえねー!絶対にありえねー!兄ちゃんは言ってみれば髪型も量もキムタク並みだ。すかさずお父がこう質問した。ハゲとったんか?どないしたらそこまで治ったんや?ワシも治るやろか?お父の場合は年齢並みなので無理だろと思ったが、質問については、お父、ナイス!と心の中で我が父を龍が如く褒めた。俺も話に混ざりたかったが、ハゲトークに参加するとゲで悩んでいるのがバレてしまうので、俺は横を向きながら、全聴覚をお父と兄ちゃんの話に集中させた。数分間、二人の話が続いた。俺はその間、他のヤツの話は全て、「うんうん」とうなずくだけで、雑音をフィルタリングしながら二人の会話だけに耳を傾けた。二人の話によると、どうやら兄ちゃんは二年前いきなり抜け毛が多くなってきて、気づけば後頭部がスカスカになっていたようだ。恐らく加齢と仕事のストレスのせいだったらしいが、兄ちゃんは薄くなった事を諦めないで全力で戦う事にしたらしい「まぁまぁだな。サイヤ人としては当たり前の事だ」俺は心の中で思った。それで、どうやってキムタクまで回復したかと言うと、シャンプーを変えた。まあ基本的な事だが、まずシャンプーを変えたらしい。色々試したらしいが名前は聞けなかったが、今、二千五百円のスカルプ 系のシャンブーを使っ
ているようだ。それと兄ちゃんのマメ知識だと、洗浄力は強ければ良いというものではないらしい。洗浄力の強いシャンプーは頭皮の脂はよく落ちるが、髪がパサパサになるなど、合う人合わない人がいるようだ。そしてシャンプーは髪ではなく、頭皮を採むように洗うのが良いみたいだ。この辺は常識かな。やはりハゲ闘民族の常識だが、育毛剤は必須のようだ。

髪も頭頂部は細くなりやすく

育毛剤を使うタイミングとしてはシャンプーでしっかり頭皮の脂を落とした後、かるく水分が無くなる程度に乾かして、液をつけたら優しくマッサージをしてやると、スーッと育毛剤 が頭皮に浸透していくらしいわ。つけるだけじゃなくマッサージがポイントのようだ。あー、育毛剤も何使っているかまでは聞けなかったわ。みんなごめんな。兄ちゃんの会社は会社 内に従業員用のミニジムがあり、仕事終わりに三〇分ほど代謝を活発にするために運動するらしい。俺もジョギングは日課だ。ここが一番のポイントで、俺も初耳だったのだが、兄ちゃんは毎食一番最初に大量のサラダをサラダはレタス、キャベツ、玉ねぎ、トマトなどの普通のサラダだ。兄ちゃんいわく、初めに食べた物の栄養吸収率はハンパなく、野菜を始めに食べるとビタミンなどの栄養がよく吸収されて血液がサラサラになるらしい。サラサラ血液にすると頭皮の細い毛細血管に血が巡りやすくなり、その結果、「髪が育つ」とういうのが兄ちゃんの考えだった。逆に脂っこい物を始めに食べると、脂が吸収されて血がドロドロになるようだ、そうすると血管がつまり、髪が抜けていくらしい。確かに言われてみれば、ある。とにかく栄養は本当に重要みたいでマルチ成分のサプリも携帯して、栄養にはこれでもこの野菜作戦は効果的な予感がして、俺は早速今日からフル実行中でかと言うほど気を使っていたらしい。後もう少し細かい事を言っていたけど、印象に残ったのはこのくらいだった。この方法で兄ちゃんはジムのおかげで筋肉が引き締まり、顔にもハリが出て代謝も良くなり、なおかつ元のフサフサを取り戻したようだ。

頭皮の毛穴のつまりを取る

ま、兄ちゃんの場合はストレスハゲだから治ったのかもしれないが、兄ちゃんの、どの方法も俺たちにとってもいい事ばかりだと思う。
やっぱり、なに事も諦めずやってみる事が大事;んだなと実感した法事だったわ。兄ちゃん!次会う時はぜってー負けねーからな
親愛なる同志さんどうも、ベジ下です。今回は母の日で、ちょっと書いてみよかなと書いた日記ですでは、どうぞ。のおかん母の日のお題私のお母さん俺のおかんは一言でいうとバッファローみたいなおかんだ。普段はのんびりしていて、少しボーっとしている部分があるんだけど、時としてスカウターがぶっ飛ぶほどの戦闘力を出す事がある。今では笑えるいい思い出だけど、小学校の時 フルボッコにいかれた事がある。それは、いつもの様に小学校が終わって、家に友達を引き連れて帰った時の事である。インパクトが強すぎて鮮明に覚えている。俺は、昔からお笑いキャラというか調子者だったので、友達を笑かそうと思い家に帰った瞬間「おいババーおやつおやつー」と調子にのってツレの前で格好をつけていた。どうやら当時小学二年の俺は親に偉そうに言うのが格好いいと勘違いしていて、それでツレの前で、いい格好したのだと思う。ウケるツレに満足して、さらに加速する俺、「ババーはよ!はよ!おやつー」次の瞬間悲劇が起きた·普段は温厚でボーっとしたおかんが、部屋の奥から、ドアをズバンッ!!!と蹴破り、俺の方に目がけて、ダンッ!バシューー!!と、まるでブチギレたサイヤ人のような目つきで飛んできやがった!おかんは踏み込みから俺の所に来るまで、ホントに一瞬の出来事で、俺は、まばたきをする暇も無く、あっ!?と思った瞬間ほっぺたをブァッチーン、とビンタされた。後ろに吹っ飛ぶくらいの衝撃だったが何とか堪え、ツレも真横にいたので本当に泣く寸前だったけどなんとか「いって~やめーや(笑)」と全力で涙を堪え余裕を見せた。ツレ「お、おぉ··だ、だいじょうぶなん?」これで終わったかのように思ったが甘かった.おかんのラッシュが始まった!
ビシ! バシビシ!バシ!バシバシ!まるで、アーケードゲームのコンボだ。俺は泣いて謝った「おかあちゃんごめん!おかあちゃんごめん!」やっと、収まったかと思うと俺はボコボコにされてヒクヒク言ってるし、ツレは少しうつむきながら気をつけをしていた。いつもお笑い役の俺が、フルボッコでギャグのギの字も無くなっていた。俺とツレ達の間にスゲー気まずい空気が立ち込めた。その後は、どうしたか覚えていないけど、それ以来、俺はおかんにエラそうに言わなくなった。この話が一番おかんについて印象がある話だわ。まあ今では笑い話だけど、いやー、あの時のおかんホント強かったわ。まぁ、おかんのおかげでここまで大きくなれたし、ハゲたけど前向きに頑張ってこれてるしね。感謝してるぜ、おかん!いつまでも元気でいてくれよな!一緒に住んでいないけど、たまには顔見に行ってやろうと思います親愛なる同志さんどうも、べジ下です。今回は俺が小学校の時に起こった衝撃的な事件のお話ではどうぞ。パンドラの箱小学校の時のダチと繰り広げた青春を思い出したからお話しようと思います。

      髪の絡まりを解
      はっきりと育毛剤とう
      若い毛までも擦りとってしまう危険性が大